の食料自給率解説ページ

食糧自給率の計算方法
供給熱量総合食料自給率(カロリーベース)=国民1人1日当たり国産供給熱量÷国民1人1日当たり供給熱量
品目別自給率(重量ベース)(例:米の自給率)=米の国内生産量÷米の国内消費仕向

日本は世界一の農産物輸入国です。輸入の多くはアメリカからです。トウモロコシや大豆・・輸入に頼っています。
現在、日本の食糧自給率は50%以下になっています。

米の自給率はまだ高いほうです。しかし、食の多様化で米の消費は撃退。。

完全100%の自給率にはならないのでしょうかね。米は日本の主食ですからね。



結論

日本の米の自給率は安定している。しかし、食の多様化で海外の米を輸入することが多くなっている”
食の多様化・・。。もちろん、おいしいものはたくさん食べたいですけども、日本一番の代表的主食の米は、あまり輸入に頼りたくない気がしませんか?
せっかく、日本の国土でおいしい米をたくさん作れるわけですし♪
納豆とご飯。魚とご飯。おにぎりにしてご飯。。・・大豆も輸入にたよっていますが、それは大豆のページで(笑)
日本のおいしい米をたくさん食べましょう。


TOPへ戻る