ダイコン食料自給率解説ページ

食糧自給率の計算方法
供給熱量総合食料自給率(カロリーベース)=国民1人1日当たり国産供給熱量÷国民1人1日当たり供給熱量
品目別自給率(重量ベース)(例:ダイコンの自給率)=ダイコンの国内生産量÷ダイコンの国内消費仕向

ダイコン(大根):アブラナ科の野菜。主として肥大した根、茎、胚軸を食用とする。

大根の品種

桜島:胴回りが巨大な大根。非常に人気の高い高級大根です。

辛味:見た目はカブに近いが、汁気が少なく辛味が強い。主に蕎麦や大根おろしなどの薬味に用いられる。京野菜など。

源助大根:加賀野菜。短く太い。甘味が強く煮崩れしにくいことから、おでんに向いているとされる

守口:きわめて細長い。守口漬に使う

根の部分は、ビタミンCや消化を助けるジアスターゼなどの酵素が豊富。捨ててしまいがちな葉の部分も、ビタミンCやビタミンAなどが含まれています。


大根の輸入状況と国内自給率

日本では大根の産地といえば練馬大根などが有名ですが、日本では各地でさまざまな品種の大根を栽培しており、その土地の味があります。
輸入に関してはほとんどしておらず、国内の自給率は98%にのぼります。ほぼ国内で補えている状態と言ってもいいでしょう。
料理にもその土地のやり方があり、煮込んだり、切干大根のようにしたり、大根の葉を使って料理するなど、さまざまな工夫が行われている


TOPへ戻る