蕎麦食料自給率解説ページ

食糧自給率の計算方法
供給熱量総合食料自給率(カロリーベース)=国民1人1日当たり国産供給熱量÷国民1人1日当たり供給熱量
品目別自給率(重量ベース)(例:蕎麦の自給率)=蕎麦の国内生産量÷蕎麦の国内消費仕向

蕎麦粉:タデ科の一年草ソバの種(実)を挽いた粉。蕎麦粉は製粉、篩分けの度合いにより一番粉(さらしな)、二番粉、三番粉およびひきぐるみの4種類を得られる。

蕎麦粉の性質

製麺してそばにしたり、お湯で練ってそばがきにして食べることが多く、日本だけでなく、中国などでも食べる地域がある。蕎麦粉のタンパク質にはグルテンのような性質がないため、製麺する際にはつなぎとして小麦粉などが必要である。
蕎麦の歴史は古く、日本料理として、寿司や天ぷらと並ぶ代表食である。

蕎麦粉の輸入状況と国内自給率

ゆでそばの自給率はなんと10%前後なのです。日本で全て作られてるイメージのある蕎麦ですが、材料はほとんど海外に頼っているという事です。海外の材料の蕎麦を食べてるなんて皆さん想像していましたか?今こそ自給率をあげて国内で生産していくことが大事になっていくのです。

蕎麦のセットでどのくらいの自給率があるのか見てみましょう
なんと一般の蕎麦で33%しか自給率がありません。100%の自給率を超えてるのは大和芋だけなんです。

食品名 自給率 消費熱量 国産熱量
ゆでそば 18 330 59
大和芋 100 60 60
10 81 8
みりん 97 47 47
醤油 3 12 0
ねぎ 98 1 1
合計 33 531 175

TOPへ戻る