ホーム

食品別生産自給率

先進国別食料自給率

原因と今後の対策

各都道府県による対策

自己紹介・リンク




日本の食料自給率の低下の原因として最も考えられる事は私達の食生活の変化が最も原因として大きいのではないかと言われています。総カロリーは変わらず横ばいで推移する中で、消費する食品の5割以上が米・畜産物・油脂類で補われています。
しかし、その内容が時代と共に多様化し、これら三品目の構成比が大きく変化してきています。
下の図でその変化を比べてみましょう。米類が減少し、油脂類、畜産物が非常に多くなっています。つまり米中心の食生活から肉類などの国産以外の食材を非常に多く取るようになっている事がわかっていただけると思います。





食料・農業基本法に基づいて、平成22年までに食料自給率を45%とする目標が定められました。
生産から消費まで食品に関係する者達、つまり私達全員が食生活の見直しから生産まで身近な生活の中でできることからでいいので協力しあう事が大切なのです。



肉類はあまり取りすぎずに、野菜や米を中心にした食生活にし、バランスの良い食生活にしてみましょう。国産の野菜は非常に鮮度も良く栄養素が高い身体に良い物ばかりです。


今、日本では食料の食べ残し、廃棄が非常に多くなっています。食べ物はきちんと大切に扱いましょう。そして、それは無駄な食物の輸入防止にも繋がります。何よりも食べ残さずに全て食べると、気持ちよい気分になりませんか?



地元の農家ではその土地に合った食材や育て方をしています。鮮度も輸入してきた食材とは全く違います。地元の農家の活性化にもつながりますし、何よりも地元の食材は絶対美味しいですよ☆
今食品自給率を上げるため各地方では色々な試みをおこなっています。地元の食材のレシピを公開したり、地元の食材を使ったレストランができるなど、地元の食材を使って美味しい料理を沢山紹介しています。





熟した女性に必見
脂肪吸引 なら低価格で自然な仕上がり。
www.goldennvagina.net

裏で感動のビデオ取りたいなら
自宅で楽しめる情報満載宅配機能満載
http://www.pp.iij4u.or.jp/~e/ura-video.html
食品生産力研究所*食料自給率データマップ
HOME